ねこのすっぱ抜きサラダ カムパネルラ 山田正紀

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムパネルラ 山田正紀



6点
宮沢賢治の研究者だった母を失ったぼくは、母の遺言通り遺灰を散骨するため岩手県へと向かった。
ふと気がつくとぼくは雨の中、賢治が亡くなった昭和8年の花巻に迷い込んでいた。
そこで出会った人々はぼくをジョバンニと呼び、それだけでなく、銀河鉄道の夜の中で亡くなったカムパネルラを殺した犯人だと名指しする。
なぜカムパネルラは死ななければならなかったのか?
物語は思わぬ真相に向かって突き進んでいく。

舞台は思想統制の敷かれた日本から昭和8年の花巻へ。
そこでは宮沢賢治が作り出したキャラクターが実在していて、ぼくはジョバンニと呼ばれている。
物語の前半はカムパネルラ殺しの謎を追うミステリーで、途中からジョージ・オーウェル1984年ばりのディストピア小説に変貌する。
銀河鉄道の夜第4次稿から消えたブルカニロ博士、物語の中でなぜカムパネルラが死ななければならなかったのかといった謎が絡み合い、宮沢賢治が銀河鉄道の夜を改稿した理由を独自の視点で浮き彫りにしていく。
銀河鉄道の夜をこんな風に解釈したのは山田正紀がはじめてではないだろうか。
もう一度原作を読んでジョバンニに会いたくなる、そんな作品です。
スポンサーサイト

theme : SF
genre : 小説・文学

tag : SF レビュー 感想

comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
YUI (1)
検索フォーム
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事一覧
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
プロフィール

えんまる

Author:えんまる
SF・ファンタジー系の小説、漫画、映画のレビューおよび、8匹のねこが生息するペットブログを展開中☆

書評の採点について

採点は10点満点です。
6・5点以上がおすすめ。
6点は佳作。
5・5点は好みによる、といった感じです。

ツイッター
我が家のねこーズ

ちび ♀
2006年生まれ

コピ

コピ ♀
2006年生まれ

ちゃとら

ちゃとら ♂
2007年生まれ

あめちゃん

あめちゃん ♀
2010年生まれ

そら

そら ♂
2010年生まれ
あめちゃんの兄弟

うみ

うみ・うみに ♀
2010年生まれ
あめ、そらの異母兄弟

りく

りく ♂
2010年生まれ
うみの兄弟

うず ♀
2011年生まれ
あめちゃんとりくの子供

テト ♂
2011年生まれ
うずの弟

アビー ♂
うずの弟

クロッキー ♀
うずの妹

ブログランキングに参加中
ポチポチ押したらええねん
アマゾンで商品を検索
ブックオフ
ブックオフオンライン ブックオフオンライン
NET-OFFでお買い物
本を売るならe-BOOKOFF
新品買うならTSUTAYA
ポイント大きいbk1
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
リンクフリーです。よろしくです。
フリーエリア
ログログシール
人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。