ねこのすっぱ抜きサラダ The Indifference Engine 伊藤計劃
FC2ブログ

The Indifference Engine 伊藤計劃

The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)
岡和田 晃
早川書房(2012-03-09)
売り上げランキング: 22187

6・5点
本書は伊藤計劃がものした短編小説集である。

女王陛下の所有物……007へのオマージュ作品。(漫画)
The Indifference Engine……民族紛争に翻弄される少年兵の話。
Heaven scape……虐殺器官と対をなす物語。
フォックスの葬送……虐殺を扇動する米兵がいるという。その真相とは?
セカイ、蛮族、ぼく……蛮族の汚名を着せられた少年を描くショートショート。
A.T.D:Automatic Death■EPISODE:0……孤独なバイオテロリストの肖像。(漫画)
From the Nothing,With Love……魂をコピーされ、永遠に再生させられるスパイの話。
屍者の帝国……死者に魂をインストールして甦らせることのできるIFの世界。盟友である円城塔の手で長編化された物語のプロローグ。

日本SF界にとどまらず、日本の文壇は惜しい才能を喪ったものだとつくづく思い知らされる、思弁性を秘めた短編群。The Indifference Engineは、戦争の悲惨さがひしと伝わってくる作品。単なる反戦という枠組みを超越して、戦争というものがこの世には確かに存在しているんだ、ぼくらと同じ”人間”が、今この時も地獄のような生活を送っているんだ、と実感させられる。
そしてもう一つ、著者が関心を抱いていたのは、From the Nothing,With Loveなどで描かれている”意識”の問題だろう。人間という一生物にとって意識とは何か、そして”魂”の本質とは? この問題は、長編『ハーモニー』にも引き継がれている。
平和な日本にあって、なかなか意識しないテーマに「目を向けろ!」と言わんばかりに、その卓越した超絶技巧でもってグイグイ差し迫ってくる。魂とは何だ、意識とは、心とは、命とは!?
命というものに直接向き合った著者ならではの緊張感(テンション)が、このリーダビリティを生んでいるのだろうか? 伊藤計劃なくして今後のSFは語れない。読みごたえじゅうぶんな一冊です。
スポンサーサイト




theme : SF小説
genre : 小説・文学

tag : SF 感想 レビュー

comment

Secret

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
YUI (1)
検索フォーム
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

えんまる

Author:えんまる
SF・ファンタジー系の小説、漫画、映画のレビューおよび、8匹のねこが生息するペットブログを展開中☆

書評の採点について

採点は10点満点です。
6・5点以上がおすすめ。
6点は佳作。
5・5点は好みによる、といった感じです。

ツイッター
我が家のねこーズ

ちび ♀
2006年生まれ

コピ

コピ ♀
2006年生まれ

ちゃとら

ちゃとら ♂
2007年生まれ

あめちゃん

あめちゃん ♀
2010年生まれ

そら

そら ♂
2010年生まれ
あめちゃんの兄弟

うみ

うみ・うみに ♀
2010年生まれ
あめ、そらの異母兄弟

りく

りく ♂
2010年生まれ
うみの兄弟

うず ♀
2011年生まれ
あめちゃんとりくの子供

テト ♂
2011年生まれ
うずの弟

アビー ♂
うずの弟

クロッキー ♀
うずの妹

ブログランキングに参加中
ポチポチ押したらええねん
アマゾンで商品を検索
ブックオフ
ブックオフオンライン ブックオフオンライン
NET-OFFでお買い物
本を売るならe-BOOKOFF
新品買うならTSUTAYA
ポイント大きいbk1
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
リンクフリーです。よろしくです。
フリーエリア
ログログシール
人気ブログランキング