ねこのすっぱ抜きサラダ 緑のヴェール ジェフリー・フォード 書評
FC2ブログ

緑のヴェール ジェフリー・フォード 書評

 5点

 クレイは、美薬を村に蔓延させた責任をとらされ、ウィナウを追放されてしまう。クレイが愛犬ウッドとともに向かった先は、アーラが消えた楽園”彼の地”である。旅には魔物ミスリックスも同行していたが、魔物の社会から受け入れられず、崩壊した理想形態市ウェルビルトシティに帰ってしまう。その後、物語は、ミスリックスの手記というかたちで進行する。
 クレイは旅の途中、言葉の民や緑人ヴァスタシャ、土着民と凄惨な殺し合いを繰り広げている砦の住民などと出会い、”彼の地”を目指す。
 一方、ウェルビルトシティでは、ミスリックスがウィナウの村人との交流を深めつつあった。そんな中、ミスリックスは、根強い魔物嫌いを示す人々からあらぬ疑いをかけられてしまう。すなわち、村の救世主であるクレイは、すでにミスリックスの手によって殺害されているというのだ。
 はたして、クレイは生きているのか、死んでいるのか? クレイの旅は、ミスリックスの妄想にすぎないのだろうか? 物語は、ミスリックスの裁判と、彼が書き進めているクレイの冒険譚をベースに展開していく。

 クレイの冒険譚は、流麗な文体を用いて丁寧に描かれているが、物語自体は冗長で退屈だった。犬が同行しているとはいえ、やはり独り身の旅なので、ストーリーに起伏がなければつまらない。もっと劇的な展開がほしかった。よりによって出てきたのが、言葉を話さない部族では、起伏のつけようがない。なぜ言葉を話さないのか、その設定も曖昧なままだ。
 クレイは旅の途中、さまざまな人物と出会うが、どれもこれもピンとこない。ネタバレになるので詳しく書くことはしないが、どれをとっても説明不足の感が否めない。ある登場人物が死ぬのだが、次のシーンでは何事もなかったかのように生き返っている。なぜ一度殺したのか説明がない。ファンタジーってこんな感じだったっけ? 自分ではファンタジーもイケると思っていたのだが、ついていけなかった。
スポンサーサイト




comment

Secret

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
YUI (1)
検索フォーム
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

えんまる

Author:えんまる
SF・ファンタジー系の小説、漫画、映画のレビューおよび、8匹のねこが生息するペットブログを展開中☆

書評の採点について

採点は10点満点です。
6・5点以上がおすすめ。
6点は佳作。
5・5点は好みによる、といった感じです。

ツイッター
我が家のねこーズ

ちび ♀
2006年生まれ

コピ

コピ ♀
2006年生まれ

ちゃとら

ちゃとら ♂
2007年生まれ

あめちゃん

あめちゃん ♀
2010年生まれ

そら

そら ♂
2010年生まれ
あめちゃんの兄弟

うみ

うみ・うみに ♀
2010年生まれ
あめ、そらの異母兄弟

りく

りく ♂
2010年生まれ
うみの兄弟

うず ♀
2011年生まれ
あめちゃんとりくの子供

テト ♂
2011年生まれ
うずの弟

アビー ♂
うずの弟

クロッキー ♀
うずの妹

ブログランキングに参加中
ポチポチ押したらええねん
アマゾンで商品を検索
ブックオフ
ブックオフオンライン ブックオフオンライン
NET-OFFでお買い物
本を売るならe-BOOKOFF
新品買うならTSUTAYA
ポイント大きいbk1
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
リンクフリーです。よろしくです。
フリーエリア
ログログシール
人気ブログランキング