ねこのすっぱ抜きサラダ 鳩の栖 長野まゆみ 書評
FC2ブログ

鳩の栖 長野まゆみ 書評

 6点

鳩の栖……転校生の操にはじめてできた友人。出会いから別れまでの一瞬の交流が描かれている。
夏緑陰……風邪で倒れた寧(やすし)を介抱してくれたのは、存在さえ知らされていなかった実の兄だった。
栗樹……養子に出ていた次兄が帰ってくる。長兄と親しくする次兄に嫉妬を覚える乙彦(たつひこ)だったが、そんな次兄が泣いている姿を覗き見してしまい……。
紺碧……姉を亡くし、天涯孤独の身になった亨。彼を支えてくれたのは、姉の夫・来島ただ一人。義理の弟の面倒をみている義兄とのあいだで妙な噂が立って、離れ離れになってしまう。
紺一点……女系家族の家に下宿させられることになった真木。親は下宿先の娘と真木をくっつけたいらしい。それを嫌う真木はわざと三枚目を演じてみせるのだが、どうやら親の目的は亨の義兄の方にあったらしく……。

 本作に収録されている短編は、いずれも中学生と高校生という思春期まっただ中の少年たちが主人公である。兄弟、または義兄や親友との淡い交流が描かれており、ボーイズラブ的な趣もなきにしもあらず。だからといって、ソッチ系の話ではない。(近年の著者はソッチに流れているらしいが)
 どの作品も優れているが、中でも「栗樹」が印象的だった。長兄と親しくする次兄への嫉妬。それがいかに浅はかなものだったか気づかされるという、儚いラストが待ち受けている。
 少年というセンシティヴな生き物を女性の目から見るとこう映るのか、と気づかされる。読み始めた当初は、少女マンガのような作風にとまどいを覚えたが、読み進めるうちに、これはこれでアリだな、という印象に変わっていった。少年たちの心の機微をうまくとらえた好編がそろっている。
スポンサーサイト




comment

Secret

No title

えんまるさん

お疲れ様です。

素敵な作品みたいですね。

今さらですが、男性作家が女性の心情を描く。
女性作家が男性の心情を描く。
単純に凄いなって、いつも思ってます。
私には難しいなぁ(笑

失礼します。
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
YUI (1)
検索フォーム
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
プロフィール

えんまる

Author:えんまる
SF・ファンタジー系の小説、漫画、映画のレビューおよび、8匹のねこが生息するペットブログを展開中☆

書評の採点について

採点は10点満点です。
6・5点以上がおすすめ。
6点は佳作。
5・5点は好みによる、といった感じです。

ツイッター
我が家のねこーズ

ちび ♀
2006年生まれ

コピ

コピ ♀
2006年生まれ

ちゃとら

ちゃとら ♂
2007年生まれ

あめちゃん

あめちゃん ♀
2010年生まれ

そら

そら ♂
2010年生まれ
あめちゃんの兄弟

うみ

うみ・うみに ♀
2010年生まれ
あめ、そらの異母兄弟

りく

りく ♂
2010年生まれ
うみの兄弟

うず ♀
2011年生まれ
あめちゃんとりくの子供

テト ♂
2011年生まれ
うずの弟

アビー ♂
うずの弟

クロッキー ♀
うずの妹

ブログランキングに参加中
ポチポチ押したらええねん
アマゾンで商品を検索
ブックオフ
ブックオフオンライン ブックオフオンライン
NET-OFFでお買い物
本を売るならe-BOOKOFF
新品買うならTSUTAYA
ポイント大きいbk1
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
リンクフリーです。よろしくです。
フリーエリア
ログログシール
人気ブログランキング