ねこのすっぱ抜きサラダ 2012年02月

雨ふる本屋 日向理恵子 書評

雨ふる本屋
雨ふる本屋
posted with あまなつ on 2012.02.29
吉田 尚令
童心社(2008-11)
売り上げランキング: 82061

6点
買い物帰りのルゥ子は、雨に降られて図書館で雨宿り。”足の早いかたつむり”を追いかけてたどりついたのは、ふしぎな古本屋。そこでは店内に雨が降り、言葉を話すドードー鳥が店長をつとめている。ここにある本は、人に忘れられた物語。記憶は雨となってふりそそぎ、本の種を生む。種は物語の花を咲かせ、やがて本になる。ドードー鳥の店長は、最近の本はつまらないものばかりだと嘆き、本の種を育む”ほっぽりの森”で何かが起きているに違いないと推測します。しかし、ほっぽりの森に行けるのは夢を抱いた人間だけ。はたして森で何が起きているのか? ルゥ子の冒険が幕を開ける。

まずタイトルに惹かれた。本にとって雨は大敵じゃないかと思って読んでみると、こういうことらしい。本の素は人間の記憶であり、記憶は涙となって人間から湧いて出る。涙の背景にある感動が物語を生み、書物としてしたためられる。そんなところでしょうか。
本書自体の物語は、「千と千尋の神隠し」を彷彿とさせるお話で、母親を妹にとられて面白くないと思っていたルゥ子が、自分を見つめ直して成長する、というジュブナイル小説になっています。短い長編で、文章もすっきりしているので、小さなお子さんでも飽きることなく一気に読める。児童文学ファンにおすすめです。

スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
YUI (1)
検索フォーム
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事一覧
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
プロフィール

えんまる

Author:えんまる
SF・ファンタジー系の小説、漫画、映画のレビューおよび、8匹のねこが生息するペットブログを展開中☆

書評の採点について

採点は10点満点です。
6・5点以上がおすすめ。
6点は佳作。
5・5点は好みによる、といった感じです。

ツイッター
我が家のねこーズ

ちび ♀
2006年生まれ

コピ

コピ ♀
2006年生まれ

ちゃとら

ちゃとら ♂
2007年生まれ

あめちゃん

あめちゃん ♀
2010年生まれ

そら

そら ♂
2010年生まれ
あめちゃんの兄弟

うみ

うみ・うみに ♀
2010年生まれ
あめ、そらの異母兄弟

りく

りく ♂
2010年生まれ
うみの兄弟

うず ♀
2011年生まれ
あめちゃんとりくの子供

テト ♂
2011年生まれ
うずの弟

アビー ♂
うずの弟

クロッキー ♀
うずの妹

ブログランキングに参加中
ポチポチ押したらええねん
アマゾンで商品を検索
ブックオフ
ブックオフオンライン ブックオフオンライン
NET-OFFでお買い物
本を売るならe-BOOKOFF
新品買うならTSUTAYA
ポイント大きいbk1
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
リンクフリーです。よろしくです。
フリーエリア
ログログシール
人気ブログランキング