ねこのすっぱ抜きサラダ ル・クレジオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海を見たことがなかった少年 ル・クレジオ 書評

海を見たことがなかった少年 モンドほか子供たちの物語 (集英社文庫)
豊崎 光一
集英社(1995-06-20)
売り上げランキング: 64351

6点
モンド……「僕を養子にしてくれませんか?」天真爛漫な孤児・モンド。誰からも好かれ、ホームレスではあるが物乞いではない。モンドと友人たちとのひそやかな交流が、ある日をさかいに一変してしまう。
リュラビー……高校での生活に嫌気がさし、家出を決行した少女リュラビー。海辺の廃墟で過ごした思い出を胸に学校に戻ると、そこにはあらぬ噂が立ち、聞く耳を持たない大人たちが待ち受けていた。
童子神の山……とりつかれたかのように山を登るジョン。自然を肌に感じながら頂上を目指していると、ジョンの前に一人の少年が現れる。それは童子神との一瞬の邂逅だった。
水ぐるま……神々しく描かれた水車小屋の一日。少年ジュバは夢と現実のあわいを行き来する。
海を見たことがなかった少年……学校を抜け出したダニエルは、憧れの海へと向かう。神秘の海辺でダニエルが見たこと、感じたことが克明に描かれている。
アザラン……湿地に建造された集落ディーグ。貧しいけれど決して不幸ではないディーグの生活が、今、行政の手で打ち壊されようとしていた。
空の民……プティト・クロワは風を感じる。そらを、光を、蜜蜂を感じる。そして遂にサカゾフーがやってきて、村を混乱におとしいれようとしていた。
牧童たち……一人砂漠を歩いていたガスパールは、そこで4人の牧童と出会う。楽園のような湖畔での暮らしはしかし、谷のシンボルである大蛇をしとめたことから一変する。

本書は8編の短編で構成されている。いずれも絢爛な言語感覚で描かれた少年少女の物語だ。
彼らは文明社会を嫌い、束縛から逃れるように、山へ、海へと回帰してゆく。社会のくびきから解放される者もいれば、大人たちに捕まったり、自ら社会に復帰する者もいる。それは子供時代との永遠の別れである。
どの作品にも漂っているのは神話的なイメージで、物語性よりも、重厚な自然描写に重きを置いており、とても読みやすいとは言えないものの、読み終えたときの達成感はたまらない。それはひとえに、ル・クレジオ一流の表現力があってこそだろう。急いで読むのではなく、時間があるときにゆっくりと、1ページ1ページを噛みしめるように読んでもらいたい。
なお、本書に収録されているモンドは映画化されている。

モンド ~海をみたことがなかった少年~ [DVD]
トニー・ガトリフ
紀伊國屋書店(2005-06-25)
売り上げランキング: 81920


スポンサーサイト

パワナ・くじらの失楽園 ル・クレジオ 書評

パワナ くじらの失楽園
菅野 昭正
集英社(1995-05-26)
売り上げランキング: 344202

6・5点
捕鯨船の乗組員ジョンの回想から物語ははじまる。舞台は19世紀、アメリカ北東部に浮かぶ沖合の島ナンタケット。島は、鯨を追い求める男たちの熱気であふれ返り、売春宿が置かれている。そこでジョンは、奴隷の少女アラセーリと出会い、恋心を抱く。しかし、少年にとって彼女は、話しかけることもためらわれるほど遠い存在だった。
やがて少年は捕鯨船に乗り込み、島を後にする。
もう一人の語り手は、チャールズ・メルヴィル・スカモン船長。彼が見つけたのは、鯨たちであふれ返る楽園だった。雌の鯨が仔を産む場であり、年老いた鯨の墓場でもある。しかし、人間に見つかったことによって、楽園は血に染まり、殺戮場と化してしまう。「もし自分たちがここを発見しなかったなら、ここは鯨たちの楽園のままでいられただろうか?」船長は自責の念にとらわれてしまう。
一方、意気揚々と島に戻ったジョンもまた、取り返しのつかない事実を知り、苦悶する。
「もしもあのとき、ああしていれば、また違う結果を得られたのだろうか?」誰しも一度はこんな経験があるのではないだろうか? ジョンにしても船長にしても、一度は手にしていたはずの楽園を失ってしまうのである。後に残されたのは、取り返しのつかない悔恨の日々だけだった。
詩情豊かな言葉で綴られた中編小説。捕鯨国の国民には胸の痛くなる話である。
特筆すべきは、メルヴィル白鯨」(未読)と同じ舞台だということ(解説より)。白鯨とはまったく趣の異なる姉妹編といったところだろうか。
著者ル・クレジオはフランス出身。2008年にはノーベル文学賞を受賞している。

 

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
YUI (1)
検索フォーム
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事一覧
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
プロフィール

えんまる

Author:えんまる
SF・ファンタジー系の小説、漫画、映画のレビューおよび、8匹のねこが生息するペットブログを展開中☆

書評の採点について

採点は10点満点です。
6・5点以上がおすすめ。
6点は佳作。
5・5点は好みによる、といった感じです。

ツイッター
我が家のねこーズ

ちび ♀
2006年生まれ

コピ

コピ ♀
2006年生まれ

ちゃとら

ちゃとら ♂
2007年生まれ

あめちゃん

あめちゃん ♀
2010年生まれ

そら

そら ♂
2010年生まれ
あめちゃんの兄弟

うみ

うみ・うみに ♀
2010年生まれ
あめ、そらの異母兄弟

りく

りく ♂
2010年生まれ
うみの兄弟

うず ♀
2011年生まれ
あめちゃんとりくの子供

テト ♂
2011年生まれ
うずの弟

アビー ♂
うずの弟

クロッキー ♀
うずの妹

ブログランキングに参加中
ポチポチ押したらええねん
アマゾンで商品を検索
ブックオフ
ブックオフオンライン ブックオフオンライン
NET-OFFでお買い物
本を売るならe-BOOKOFF
新品買うならTSUTAYA
ポイント大きいbk1
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
リンクフリーです。よろしくです。
フリーエリア
ログログシール
人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。