ねこのすっぱ抜きサラダ 宮沢賢治

グスコーブドリの伝記 宮澤賢治原作 絵・司修 感想

グスコーブドリの伝記 (ポプラ社の絵本)
ポプラ社(2012-07-02)
売り上げランキング: 34653

6点
2012年にアニメ映画化された司修の絵本。原作は宮澤賢治。
銀河鉄道の夜を推しておきながらなんですが、未読の作品でした。
絵本化されるにあたってだいぶ割愛されているようで、説明不足の感は否めませんが、絵の世界観が気に入ったので購入しました。

主人公ブドリは幼い頃に両親を失い、唯一の心の支えだった妹・ネリとも悲しいかたちで生き別れになってしまう。
家族を捜すべく家を出たブドリは、世話になった農家のために農業を学び、世界を飢饉から救うべく、ただ一人自らを犠牲にして火山を噴火させる。噴火によって空気中の温室効果ガスを増やし、世界中を温めようという、テラフォーミング的な発想をあの時代にすでに考えていたのかと思うと驚きだ。
ブドリの生涯は作者の面影と重なる部分が多い。残念ながら賢治の妹は病によって帰らぬ人になってしまいましたが、作中でブドリは妹との再会を果たしている。自己犠牲を払ってでも世界を救おうとするブドリの行動は、自分の命と引き換えにしてでも妹を救い出したかったという宮澤賢治の強い想いの表れなのだろう。久し振りに触れた賢治の世界観は、やっぱり優しかった。そんなお話。

スポンサーサイト

theme : 絵本
genre : 本・雑誌

tag : 絵本 ファンタジー 感想 レビュー

銀河鉄道の夜

8点

 ご存じだろうか? 銀河鉄道の夜は宮沢賢治の手によって三度書き直されているということを。
ちくま文庫版宮沢賢治全集7には、一次稿から四次稿まで全て(旧かなづかいのまま)収録されている。この作品がどのような経過を経て今の形におさまったのか、この一冊で読み比べできるのである。
(ただし、一次稿も二次稿も失われた原稿が多く、そこはちょっと興をそがれるのだが)
 では、どこが四次稿と違うのかというと、一次稿から三次稿まで登場する「ブルカニロ博士」が、四次稿ではいっさい登場しない、というのが一番の違いだろう。
 このブルカニロ博士とはいったい何者なのか? ジョバンニはカムパネルラの父親のことを「博士」と呼んでいるため、ぼくは当初、この博士はカムパネルラの父親ではないかと思っていた。一次稿と二次稿の中ではカムパネルラの死がはっきりと描かれていない点から見ても、ジョバンニに催眠術をかけたのはカムパネルラの父親なのだろうと思っていたのだが、三次稿にいたって、ブルカニロ博士が次のように言っていることから、父親説はくつがえされた。いわく、「おまへのともだちがどこかへ行ったのだらう。あのひとはね、ほんたうにこんや遠くへ行ったのだ。おまえはもうカムパネルラをさがしてもむだだ。」
 では、はたしてブルカニロ博士とは何者なのか?
 新潮文庫版新編銀河鉄道の夜の注解で、天沢退二郎氏は、カムパネルラはイタリアの哲学者の名前であり、その人物の幼名がジョバンニだったと指摘している。さらに、天沢氏はつづけて、ジョバンニとはラテン語の「ヨハネ」からきているのではないかとも語っている。
 幼名ジョバンニが、成人カンパネルラを喪失する物語?
 そう言われてみれば、カムパネルラは周囲からの憧れの的(大人びた少年)として描かれている。
 単なる成長物語だとしたら、カムパネルラが幼いころの自分を置きざりにして大人へといたる、という意味でジョバンニを喪失するものではないだろうか?
 賢治は、「聖人=無垢なもの」として、ジョバンニから大人の要素を削り取ったのではないだろうか。いじめっ子ザネリのことを許し、憧れの的であるカムパネルラへの妬み(!?)を捨て、すべての者の幸を願う聖人への変貌を描いているのではないか。カムパネルラ=憧れ=妬み、というのは考えすぎか。
 しかし、もしジョバンニ=ヨハネだとしたら、ヨハネに啓示を与えたブルカニロ博士というのは重要人物だったはず。しかし、賢治は四次稿からその存在を排除している。一次稿から三次稿までを見渡すと、ブルカニロ博士は物語から浮いた存在に見える。これでは、啓示を与える役割としては存在感が希薄だ。賢治は四次稿にいたって、ブルカニロ博士を排除し、物語をソフィスティケートする方を選んだのだろうか?
 まあ、じっくり読み比べることをおすすめする。以上、えんまるでした。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
YUI (1)
検索フォーム
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事一覧
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
プロフィール

えんまる

Author:えんまる
SF・ファンタジー系の小説、漫画、映画のレビューおよび、8匹のねこが生息するペットブログを展開中☆

書評の採点について

採点は10点満点です。
6・5点以上がおすすめ。
6点は佳作。
5・5点は好みによる、といった感じです。

ツイッター
我が家のねこーズ

ちび ♀
2006年生まれ

コピ

コピ ♀
2006年生まれ

ちゃとら

ちゃとら ♂
2007年生まれ

あめちゃん

あめちゃん ♀
2010年生まれ

そら

そら ♂
2010年生まれ
あめちゃんの兄弟

うみ

うみ・うみに ♀
2010年生まれ
あめ、そらの異母兄弟

りく

りく ♂
2010年生まれ
うみの兄弟

うず ♀
2011年生まれ
あめちゃんとりくの子供

テト ♂
2011年生まれ
うずの弟

アビー ♂
うずの弟

クロッキー ♀
うずの妹

ブログランキングに参加中
ポチポチ押したらええねん
アマゾンで商品を検索
ブックオフ
ブックオフオンライン ブックオフオンライン
NET-OFFでお買い物
本を売るならe-BOOKOFF
新品買うならTSUTAYA
ポイント大きいbk1
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
リンクフリーです。よろしくです。
フリーエリア
ログログシール
人気ブログランキング