ねこのすっぱ抜きサラダ 六花の勇者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六花の勇者4 山形石雄 感想



6点
大きな代償を払いながらも窮地を脱した勇者たち。
しかし、一行の前に屍兵と呼ばれる新たな敵が現れる。
彼らは凶魔ではなく、凶魔に操られている人間なのだという。
屍兵は生きているのか、死んでいるのか? 倒すべきか否かとまどいを見せる勇者たち。
ただ一人、屍兵を救済する道を探るロロニアだったが、その独断が一行のあいだに不協和音を生むことになる。
大人気ファンタジーシリーズ第4弾!

ドズーがもたらした情報から、「黒の徒花(あだばな)」と呼ばれる聖具が偽者を見分ける鍵だと知った勇者たち。テグネウが造らせた神殿に向かう途中、人間兵器・屍兵に遭遇する。
勇者たちは、彼らを助けるべきかどうかで対立し、疑心暗鬼に陥ってしまう。
前作につづき、今回もミステリー色は薄め。薄いどころか、今回はファンタジーに徹していると思った方が良い。
しかし、今後につながる重要な伏線がいくつか見受けられるので、期待大です!

スポンサーサイト

theme : ライトノベル
genre : 本・雑誌

tag : ファンタジー 感想

六花の勇者3 山形石雄 感想


6点
分裂する六花の勇者たち、果たして偽者は誰なのか?
人質にされた勇者を救うべく、術者のあとを追う一行だったが、意外な人物が彼らの前に立ちはだかる。パーティーを抜けた勇者、同盟を結ぼうと提案してくる凶魔、凶魔同士の内乱といった、謎が謎を呼ぶ物語! 目まぐるしく展開する謀略・知略の数々。凡百のファンタジーとは一味ちがうシリーズ第三弾!

ミステリー色の強いファンタジーとして読んでいましたが、今回はサスペンスに近いという印象。人質を取られた勇者が仲間たちの元を離れ、孤軍奮闘するという筋書きになっている。
凶魔の特殊能力が物語の鍵になっていますが、ミステリーとして読んでいると反則気味の設定で、これまでの二作と比べると説得力に欠ける。
しかし、仲間同士の絆を深く掘り下げてあるし、一枚岩ではない凶魔の勢力図が明らかになり、ファンタジーとしては良い試みだったのではないでしょうか。ラストで示唆された大いなる謎にも期待大です。

theme : ライトノベル
genre : 本・雑誌

tag : 感想 レビュー ファンタジー ライトノベル 六花の勇者

六花の勇者2 山形石雄 感想


6.5点
偽者の正体を見破った勇者たちだが、そこにふたたび七人目の勇者が現れる。
魔神の元へと急ぐ勇者の前に、魔神の直属の配下にあたるテグネウが立ちはだかる。
「時間がない」という謎のメッセージは誰に向けられたものなのか? 凶魔が仕掛けた謀略によって疑心暗鬼に陥りながら、”七人目”と”メッセージ”の謎に迫るシリーズ第2弾!

勇者が勇者を手にかけるという衝撃的なシーンで物語は幕を開ける。
要するに、今回は前作と違い、犯人が誰なのかわかった状態からはじまるのだが、これもまた一筋縄ではいかない。凶魔の謀略によってしだいに追い詰められていく7人目の心理描写と、テグネウという強大な敵の正体に迫る謎解きが同時進行する。
勇者を裏切らなければならないという極限状態の描写にしても、激しいバトルの連続にしても、まちがいなく前作をしのぐ仕上がりになっている。このままサクッと3巻に突入だ!ヽ(`Д´)ノ キエーッ!

theme : ライトノベル
genre : 本・雑誌

tag : 感想 レビュー ファンタジー 六花の勇者

六花の勇者 山形石雄 感想

六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
宮城
集英社(2011-08-25)
売り上げランキング: 23392

6点
魔神が目覚めたとき、6人の勇者が誕生する。世界を凶魔の魔手から救えるのは、紋章を刻印された六花の勇者だけ。
しかし、約束の地に現れたのは七人の男女。この中に魔神が送りこんだ偽者がいる。勇者たちを閉じ込めている結界を解くには、偽者を探し出さなければならない。
伝説の勇者たちによるサバイバルゲームが幕を開ける!

剣と魔法の物語でミステリーが書けるのか、と思い(ワクワクし)ながら読み進めました。読むのが遅い不肖えんまる、たった一日で堂々の読破達成です。引き続き二巻、三巻と読み進めます。楽しみなり!
伝説に記されている約束の地に罠が仕掛けられており、七人の勇者が神殿に閉じ込められる。疑心暗鬼にとらわれた勇者たちはお互いを怪しみ、疑い合う。なにしろ魔神の復活が間近にせまっているのだからうかうかしていられない。
最初に疑いの目を向けられたのが主人公(プロローグですでに明かされているのでネタバレにはあたらない)で、壮絶なバトルを繰り広げながら真相に近づいていく。二転三転する推理、息をのむバトルシーンで一気に読ませてくれる。前評判に偽りなし!

theme : ライトノベル
genre : 本・雑誌

tag : ライトノベル 感想 レビュー ファンタジー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
YUI (1)
検索フォーム
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事一覧
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
プロフィール

えんまる

Author:えんまる
SF・ファンタジー系の小説、漫画、映画のレビューおよび、8匹のねこが生息するペットブログを展開中☆

書評の採点について

採点は10点満点です。
6・5点以上がおすすめ。
6点は佳作。
5・5点は好みによる、といった感じです。

ツイッター
我が家のねこーズ

ちび ♀
2006年生まれ

コピ

コピ ♀
2006年生まれ

ちゃとら

ちゃとら ♂
2007年生まれ

あめちゃん

あめちゃん ♀
2010年生まれ

そら

そら ♂
2010年生まれ
あめちゃんの兄弟

うみ

うみ・うみに ♀
2010年生まれ
あめ、そらの異母兄弟

りく

りく ♂
2010年生まれ
うみの兄弟

うず ♀
2011年生まれ
あめちゃんとりくの子供

テト ♂
2011年生まれ
うずの弟

アビー ♂
うずの弟

クロッキー ♀
うずの妹

ブログランキングに参加中
ポチポチ押したらええねん
アマゾンで商品を検索
ブックオフ
ブックオフオンライン ブックオフオンライン
NET-OFFでお買い物
本を売るならe-BOOKOFF
新品買うならTSUTAYA
ポイント大きいbk1
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
リンクフリーです。よろしくです。
フリーエリア
ログログシール
人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。